今日から仮想通貨やってみる!

0から始める仮想通貨投資(o´▽`o)

マスターノードの設置と設定~CubeX(CUB)編~

f:id:sevendream:20180520131539j:plain

CubeX(CUB)とは?

f:id:sevendream:20180520131607j:plain

f:id:sevendream:20180520131612j:plain

f:id:sevendream:20180520131619j:plain

・コイン名称 CubeX

・ティッカー CUB

・採掘タイプ Pos、masternode

・供給量 21000000枚

・ブロック生成時間 60秒

・マスターノード価格 10000CUB

ホームページ

ツイッター

ディスコード

 

取引所 graviex    https://graviex.net/markets/cubbtc

 

f:id:sevendream:20180520132649j:plain

今回も草コインです!

1000円ちょっとで購入可能なマスターノードです^^

 

ウォレットのインストール

CubeXホームページ  https://cubex.cash/

github  https://github.com/cubexteam/cub

 

ウォレットを起動したら

f:id:sevendream:20180520133456j:plain

「Open wallet Configuration File」をクリック

 

addnode=181.214.57.14:41231
addnode=209.250.224.135:41231
addnode=159.65.117.164:41231
addnode=54.37.75.15:41231
addnode=46.181.43.61:41231

 

上記の内容を貼り付けて上書き保存、ウォレットを閉じて再起動して下さい。

同期が始まらない場合はディスコード等からノードを拾ってきて下さい。

 

f:id:sevendream:20180520133919j:plain

同期が完了するとチェックマークが付きます。

 

次に受信アドレスを作成します。

f:id:sevendream:20180520134005j:plain

「Receive」タブから「Label」に任意のマスターーノードの名前を付けます。

画像の場合は「MN0」と名前を付けています。

「Request payment」をクリック

作成したアドレスに必要な枚数を送金します。

 

CubeX(CUB)は現在graviexで取り扱いがあります。

www.cryptocurrency-blog.info

 

作成したアドレスに10000CUBぴったりを送金します。

graviexの送金手数料は、一律0.002枚です。

 

送金したら15認証が終わるまで待ちます。

認証数は「Transactions」のタブから確認できます。

 

f:id:sevendream:20180520134617j:plain

次に「Debug Console」をクリック

 

下部分にある入力欄に

 

masternode genkey

と入力し、エンターキー 出力された内容をメモ帳にコピーしておきます。

同じく、

 

masternode outputs

 

と入力し、エンターキー 出力された内容をメモ帳にコピーしておきます。

 

ここからは

GitHub - Visco33/Cubex: Shell script to install a Cubex Masternode on a Linux server running Ubuntu 16.04

こちらのパッケージ版インストーラーにてVPSの設定を進めていきます!

今までのマスターノードの設定に比べると、恐ろしく簡単です♪

VPSの契約と設定

VPSとはレンタルサーバーの事です。

用意した1500OLPMのノードを24時間稼動させて

認証作業の手伝いをし、報酬が貰えます。

 

海外の激安VPSもありますが、今回も日本のGMOが運営するVPSを使って

マスターノードを建ててみます。

月額630円と国内VPSでは格安です♪

 

今なら下記リンクからご登録で1000円分のクーポンが貰えます♪

f:id:sevendream:20180424182109j:plain

www.conoha.jp

f:id:sevendream:20180415123940j:plain

サービス→VPS

イメージタイプ→Ubuntu

rootパスワード→任意のパスワード VPSにログインする際のパスワードです。

ネームタグ→VPSの名前です。 

複数のマスターノードを管理する際は分かりやすい名前を付けます。

 

f:id:sevendream:20180415124229j:plain

f:id:sevendream:20180415135013j:plain表示されている「IPアドレス」をコピーしメモ帳に貼り付けておきます。

 

今回もVPSの操作にTera Termと言うソフトを使います。

ja.osdn.net

Tera Termを起動します。

f:id:sevendream:20180415124950j:plain

「ホスト」の欄に先ほどコピーしたIPアドレスを貼り付け、「OK」をクリック

f:id:sevendream:20180415140900j:plain

f:id:sevendream:20180415140948j:plain

ユーザー名→root

パスフレーズ→conoha VPSで設定した「rootパスワード」

を入力し「OK」をクリック。

f:id:sevendream:20180415125351j:plain

ログインが成功するとこのような画面になります。

この画面では「右クリック」で「貼り付け」が可能です。

コピー→貼り付け→エンターキーの流れで実行していきます。

 

wget -q https://raw.githubusercontent.com/Visco33/Cubex/master/cub_install.sh
bash cub_install.sh 

インストールが完了するまでそこそこ時間がかかります。

慌てずに待ちましょう♪

 

途中でmasternode genkeyの入力を求められます。

Debug Console」

masternode genkey

を入力して出力された内容をコピーし、

右クリックで貼り付け、エンターキーを押します。

 

上の画像にあるように

root  111.111.11.11~♯ ←こんな表示になって、入力ができる状態になったら完了です。

デスクトップウォレットに戻ってファイルを編集します。

 

f:id:sevendream:20180520134617j:plain

「Open Masternode Configuration File」をクリック

下記内容を一番下の行に追加します。

 

<Label> <IPアドレス>:41231 <masternode genkey> <TxHash> <Output Index>

<>←このかこみは入力しないで下さい。

<TxHash><Output Index>はmasternode outputsで出力された前部分が<TxHash>

後ろの1桁が<Output Index>です。

それぞれの間に半角スペースを空けておきましょう。

上書き保存します。

 

次に「setting」タブから「options」をクリック

f:id:sevendream:20180520140808j:plain

「Show Masternodes Tab」にチャックを入れ「OK」をクリック

 

ウォレットを閉じて再度起動します。

f:id:sevendream:20180520134617j:plain

 

Debug Console」を開き、

 

masternode start-alias 0 <Label>

 

を入力しエンターキー

 

「Succssful」と表示されていれば問題ありません。

ぉめでと~o(>∀<*)o

設定は以上で完了です!

 

すぐには同期が完了しない場合もあるので、

エラー表示であっても1日は様子を見ましょう!

f:id:sevendream:20180520141038j:plain

このようにマスターノード報酬が着金します。

 

設定が完了した時点でバックアップを取っておきましょう!

 

心配性の俺は

マイコンピューター→C→ユーザー→ユーザー名→AppDate→

Roaming→CUB

このフォルダを丸ごと別のドライブ(Dドライブとか)にコピーしています。

 

別のパソコンにウォレットを移動する場合は上記フォルダの

wallet.dat

masternode

cub

をバックアップと入れ替えれば今まで通り使えます。

 

最後までお読み頂きありがとうございます(o・Д・o)

 

 

 

 
NLパソコン・最新i7第8世代 i7 8700 プロセッサー搭載/6コア12スレッド/メモリ16GB/GTX1080・SSD搭載/大容量1TBハードディスク/Windows10pro&WPS Office (GTX1080&メモリ16GB)


【送料無料/ポイント10倍】マウスコンピューター 《 LG-i310SA3-SH2-MA-AP 》 【 Windows 10/Core i5-7500/8GB メモリ/240GB SSD/1TB HDD/GTX 1060/Office付き(Personal Premium) 】《新品》

 

・アプリも使いやすくてアルトコインの取り扱い量も日本一!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

・送金手数料が安く、他にはないトークンの取り扱いが豊富!

・ビットコインFXをするならビットフライヤー 国内FX取引高日本一!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で