今日から仮想通貨やってみる!

0から始める仮想通貨投資(o´▽`o)

ゆーや (id:sevendream)

Authur:ゆーや (id:sevendream)
017年夏から仮想通貨を始めた 仮想通貨1年生です(๑•̀ㅂ•́)و✧ 仮想通貨ってなんだかよく分からないけど、やってみよう! とゆうことで、色んな事に チャレンジしてみたいと 思います( ✧Д✧)

マスターノードの設置と設定~オリンピックコイン(OLMP)編~

f:id:sevendream:20180505162351j:plain

オリンピックコイン(OLMP)とは?

f:id:sevendream:20180505162625j:plain

f:id:sevendream:20180505162641j:plain

・コイン名称 オリンピック(Olympic)

・ティッカー OLYMP

・採掘タイプ Pos、masternode

・最大供給量 2100000枚/ビットコイン(BTC)と同じ

・ブロック生成時間 60秒/ビットコイン(BTC)600秒

・マスターノード価格 1500~20000枚

ホワイトペーパー 

ホームページ

ツイッター

オリンピックに関連するコインのようで、オリンピックコインをベースに、

選手の独自コインを発行できるようになるようです。

 

その他にもオリンピックコインを利用して、スポーツ用品の購入、

選手への報酬の支払いを目指しています。

 

最近マスターノードシステムの更新があり、価格が上昇しています♪

f:id:sevendream:20180505164056j:plain

 

また、オリンピックコイン(OLMP)では担保となる通貨の枚数で報酬が異なる、

多段階のマスターノードになっています。

f:id:sevendream:20180505164255j:plain

f:id:sevendream:20180505164307j:plain

 

マスターノード総数でもまだ数が少なく、今後注目が高まれば総数が増え、ROIは下がり、

売り圧力減少により価格も安定して欲しいところです♪

 

ウォレットのインストール

オリンピックコインホームページ

ウォレット2.0最新版(現時点)

 

どちらでも現在は内容は同じだと思います。

最新の物をインストールして下さい。

 

ウォレットを起動したら同期を完了させます。

f:id:sevendream:20180505165102j:plain

 

まずは受信アドレスを作成します。

f:id:sevendream:20180505165505j:plain

「Receive」タブから「New Address」をクリック

「label」の部分に分かりやすい名前をつけます。

 

画像の場合は「MN1」と名前をつけています。

作成したアドレスに必要な枚数を送金します。

 

オリンピックコイン(OLMP)は現在2つの取引所で取り扱いがあります。

 

クリプトブリッジ

CryptoBridge decentralized exchange

 

グラビエックス

https://graviex.net/markets/olmpbtc

 

作成したアドレスに必要枚数ぴったりを送金します。

最小枚数は1500枚です!

 

送金したら16認証が終わるまで待ちます。

 

f:id:sevendream:20180505170139j:plain

次に「Help」タブから「Debug window」をクリック

f:id:sevendream:20180505170218j:plain

「Console」のタブをクリック

 

下部分にある入力欄に

 

masternode genkey

 

と入力し、エンターキー 出力された内容をメモ帳にコピーしておきます。

同じく、

 

masternode outputs

 

と入力し、エンターキー 出力された内容をメモ帳にコピーしておきます。

 

ここからは

OlympicCoin/README.md at master · zoldur/OlympicCoin · GitHub

こちらのパッケージ版インストーラーにてVPSの設定を進めていきます!

今までのマスターノードの設定に比べると、恐ろしく簡単です♪

 

 

VPSの契約と設定

VPSとはレンタルサーバーの事です。

用意した1500OLPMのノードを24時間稼動させて

認証作業の手伝いをし、報酬が貰えます。

 

海外の激安VPSもありますが、今回も日本のGMOが運営するVPSを使って

マスターノードを建ててみます。

月額630円と国内VPSでは格安です♪

 

今なら下記リンクからご登録で1000円分のクーポンが貰えます♪

f:id:sevendream:20180424182109j:plain

www.conoha.jp

f:id:sevendream:20180415123940j:plain

サービス→VPS

イメージタイプ→Ubuntu

rootパスワード→任意のパスワード VPSにログインする際のパスワードです。

ネームタグ→VPSの名前です。 

複数のマスターノードを管理する際は分かりやすい名前を付けます。

f:id:sevendream:20180415124229j:plain

f:id:sevendream:20180415135013j:plain

表示されている「IPアドレス」をコピーしメモ帳に貼り付けておきます。

 

今回もVPSの操作にTera Termと言うソフトを使います。

ja.osdn.net

 

Tera Termを起動します。

f:id:sevendream:20180415124950j:plain

「ホスト」の欄に先ほどコピーしたIPアドレスを貼り付け、「OK」をクリック

f:id:sevendream:20180415140900j:plain

「続行」をクリック

f:id:sevendream:20180415140948j:plain

ユーザー名→root

パスフレーズ→conoha VPSで設定した「rootパスワード」

を入力し「OK」をクリック。

f:id:sevendream:20180415125351j:plain

ログインが成功するとこのような画面になります。

この画面では「右クリック」で「貼り付け」が可能です。

コピー→貼り付け→エンターキーの流れで実行していきます。

 

wget -q https://raw.githubusercontent.com/zoldur/OlympicCoin/master/olympic_install.sh bash olympic_install.sh

 

インストールが完了するまでそこそこ時間がかかります。

慌てずに待ちましょう♪

 

途中でmasternode genkeyの入力を求められます。

Debug window→Consoleで

masternode genkey

を入力して出力された内容をコピーし、

右クリックで貼り付け、エンターキーを押します。

 

上の画像にあるように

root  111.111.11.11~♯ ←こんな表示になって、入力ができる状態になったら完了です。

 

デスクトップウォレットに戻ってファイルを編集します。

 

オリンピックコインのウォレットではmasternode confファイルのショートカットがないので、自力でファイルを探す必要があります。

 

ファイルの場所は

マイコンピューター→C→ユーザー→ユーザー名→AppDate→Roaming→Olympic

 

「Olympic」と言うファイルを開き

 

rpcuser=好みのユーザーネーム 例 user
rpcpassword=任意のパスワード 例 password
listen=1
allowip=127.0.0.1
port=26667
masternode=1
masternodeaddr=メモ帳にコピーしたconoha VPSのIPアドレス:26667
masternodeprivkey=masternode genkeyで出力された内容。

 

以上を入力して上書き保存。

 

上記ファイルは隠しファイルを表示する設定にしておかないと、

ファイルが表示されません。

表示されない場合は

下記記事の「ウォレットの設定」を参考にして下さい。

www.cryptocurrency-blog.info

 

ウォレットに戻り、

f:id:sevendream:20180505172856j:plain

「masternodes」のタブをクリック

「Create」をクリック

f:id:sevendream:20180505172928j:plain

・Alias  マスターノードの名前(ラベル)です。 例 MN1

・Address  メモ帳にコピーしたConoha VPSのIPアドレス:26667 

    例111.11.111.111:26667

・PrivKey     masternode genkeyで出力された内容。

・TxHash masternode outputsで出力された前部分の内容。

・Output Index    masternode outputsで出力された後ろ部分の内容。

・Reward Address 報酬を受け取るアドレス 担保を送金したアドレスでOKです。

・Reward% 「100」と入力

 

最後に「OK」をクリック

 

内容を間違えた場合、もしくはうまくいかない場合は

マイコンピューター→C→ユーザー→ユーザー名→AppDate→

Roaming→Olympic →masternode

このファイルを修正する必要があります。

 

一旦ウォレットを閉じて、再起動します。

f:id:sevendream:20180505172718j:plain

同期が完了してから、下にある「Update」をクリックすると、マスターノードが

リストに追加されます。

 

ノードを選択し、左下の「Start」をクリック

もしくはDebug window→Consoleにて

 

masternode start

 

と入力。

masternode successful と表示されれば完成です。

ぉめでと~o(>∀<*)o

設定は以上で完了です!

 

VPS側では以下のコマンドで確認が可能です。

Olympicd masternode status

マスターノードのステータス

 

Olympicd getinfo

VPSウォレットの情報

 

が閲覧できます。

 

すぐには同期が完了しない場合もあるので、

エラー表示であっても1日は様子を見ましょう!

f:id:sevendream:20180505174631j:plain

 

設定が正常であれば報酬が着金します。

 

設定が完了した時点でバックアップを取っておきましょう!

 

心配性の俺は

マイコンピューター→C→ユーザー→ユーザー名→AppDate→

Roaming→Olympic 

このフォルダを丸ごと別のドライブ(Dドライブとか)にコピーしています。

 

別のパソコンにウォレットを移動する場合は上記フォルダの

wallet.dat

masternode

olympic 

をバックアップと入れ替えれば今まで通り使えます。

 

東京オリンピックまであと2年!

まだまだ期待が尽きない通貨だと思います♪

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます(o・Д・o)

 

 

 

 
NLパソコン・最新i7第8世代 i7 8700 プロセッサー搭載/6コア12スレッド/メモリ16GB/GTX1080・SSD搭載/大容量1TBハードディスク/Windows10pro&WPS Office (GTX1080&メモリ16GB)


【送料無料/ポイント10倍】マウスコンピューター 《 LG-i310SA3-SH2-MA-AP 》 【 Windows 10/Core i5-7500/8GB メモリ/240GB SSD/1TB HDD/GTX 1060/Office付き(Personal Premium) 】《新品》

 

・アプリも使いやすくてアルトコインの取り扱い量も日本一!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

・送金手数料が安く、他にはないトークンの取り扱いが豊富!

・ビットコインFXをするならビットフライヤー 国内FX取引高日本一!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で