今日から仮想通貨やってみる!

0から始める仮想通貨投資(o´▽`o)

ゆーや (id:sevendream)

Authur:ゆーや (id:sevendream)
017年夏から仮想通貨を始めた 仮想通貨1年生です(๑•̀ㅂ•́)و✧ 仮想通貨ってなんだかよく分からないけど、やってみよう! とゆうことで、色んな事に チャレンジしてみたいと 思います( ✧Д✧)

2019年の仮想通貨はどうなる?バブル再来なのか?

2019年の仮想通貨はどうなる?バブル再来なのか?

f:id:sevendream:20190517213803p:plain

ど~も!ゆうき(@SevenDream)です。

2017年から18年にかけて日本で大きな話題となった仮想通貨。

一時はバブルと呼ばれ、1BTCが240万円を突破しました。

 

「億り人」と言う言葉が誕生するほど、

巨額の利益を出す人が続出したのは記憶に新しいと思います。

 

その後、仮想通貨バブルが崩壊し、価格は長期間下落傾向にありました。

そんな価格が注目される仮想通貨ですが、

2019年はどういった値動きになるのでしょうか?

 

今回は、アナリストや業界著名人が予想する

2019年の仮想通貨の動向について掘り下げます。

 

再びBTC100万円突破!?価格上昇の要因を検証

f:id:sevendream:20190517214235j:plain

2019年に入って、落ち着いていた仮想通貨市場に動きがありました。

f:id:sevendream:20190517214530p:plain

それまで「仮想通貨はこれ以上値上がりしない!」と

豪語していたアナリストの予想を大きく裏切り、4月に50万円を突破しました。

 

そして5月までじわじわと値上がりを続け60万円を突破し、

5月17日現在、85万円を突破しました。

 

12月の底値からの上昇率は約158%となっています。

 

また、以下の3点の理由から今後も価格上昇を続けると言われています。

仮想通貨への資金流入の加速

f:id:sevendream:20190517214837j:plain

ビットコインの価格は取引高や流動性によって決まります。

 

今までのような下落傾向にあった状況では、

大きな資金が仮想通貨に流れてきませんでした。

 

しかし、yahoo!や楽天、LINEその他既存の証券会社などをはじめとした

大手企業が仮想通貨に参入しています。

 

信頼や実績がある企業が仮想通貨分野に参入したとなると、

自然に資金流入が加速します。

 

またフェイスブックがブロックチェーンの研究をしている、

という報道も価格上昇の後押しとなった可能性があります。

 

後述する貿易戦争の影響もあって、

大量の資金が仮想通貨分野に流れ、

価格上昇の引き金になったと考えられます。

 

今後も資金流入は加速すると言われており、価格上昇の一因を担っています。

 

ビットコインETF

f:id:sevendream:20190517215115j:plain

 

ETFとは上場投資信託のことを指していて、

これができると専門家の資産運用対象になります。

 

現在は現金、証券、株や金がありますが、

この中に仮想通貨が承認される可能性が出てきました。

 

これがどのくらいすごいのか?

f:id:sevendream:20190517215559p:plain

世界のETF市場は約350兆円

つまり、ETFと言う投資信託に投資している人が、

世界にはとても多くいると言う事です。

 

この350兆円の投資先にビットコインが含まれれば、

現在の時価総額が約15兆円しかないビットコインが高騰する事になります。

 

ちなみに、ビットコインとよく比較される金(純金)の

時価総額は約850兆円です。

 

そして金(純金)もETF承認をきっかけに高騰した過去があり、

ビットコインのチャートと似ているとよく話題になります。

f:id:sevendream:20190517220452p:plain

承認されれれば国家機関が金融商品として仮想通貨を認めた、

ということになります。

 

ETFに仮想通貨が承認されれば価格は現在の2倍以上になると言われています。

過去にETFに金が登録された際には、価格が約4倍まで上昇しました。

 

ETFに登録されるためにはSEC(アメリカ証券取引委員会)に

承認されなければいけません。

 

今まで仮想通貨関係者も審査案を出していますが、

「枠組みが未完成」「相場があやふやである」といった点で

承認されてきませんでした。

 

しかし、再度価格上昇したことで、価値が認められる要因となれば、

今後の更なる価格上昇に期待が出来ます。

米中貿易戦争の影響

f:id:sevendream:20190517220903j:plain

現在、アメリカと中国が貿易関税を巡って激しく争っています。

これにより、株式市場は大混乱。

 

投資家達もここ数年で上昇傾向にあった仮想通貨を安全と判断し、

資金を逃がしのために仮想通貨を購入したと予想されています。

 

これにより巨額の投資金が仮想通貨市場に流れ、流動性が上がり、

結果として市場価格上昇の一端を担いました。

 

この貿易交渉の結果次第で、さらなる投資資金の流入が見込まれます。

 

また、テクニカル分析の視点でも、ダウ、日経の株価は

今後数年間にわたる下落を予想している投資家も多く、

避難先として仮想通貨を選ぶ投資家もいます。

2019年 値上がりする仮想通貨3選!

f:id:sevendream:20190517221340p:plain

リップル(XRP)

リップル(XRP)は「秒速で億を稼ぐ男!」としてテレビでも話題になった、

与沢翼氏が巨額の利益を得た仮想通貨として、日本でも話題になりました。

現在はドバイに移住し、為替、株、仮想通貨、不動産など、

多岐に渡る投資家としても知られています。

 

その利益は約12億円と言われており、投資商品としての

リップルのパフォーマンスの高さが分かります。

 

また、日本人が一番保有している通貨でもあります。

 

リップルは国際送金に重点を置いた仮想通貨で、

国際送金の処理速度が3.36秒!

その際の手数料も約0.04円と通貨として圧倒的な利便性を持っています。

 

リップルの現在価格は約40円。過去には400円を突破しました。

今後、銀行送金より仮想通貨がメジャーになった場合、

リップルの急騰が予想されます。

 

今後もリップルの価格推移に注目しましょう!

f:id:sevendream:20190517222149p:plain

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は年収億超えの有名ブロガーのイケダハヤト氏も

将来性を認め、積み立てている仮想通貨です。

 

イーサリアムは「スマートコントラクト」という技術を搭載しており、

これはブロックチェーンを利用した自動契約のことを指します。

 

ブロックチェーンは仮想通貨のみならず、

様々な分野に応用されると言われており、

シリコンバレーでは「インターネット以来の革命」であるとまで言われています。

 

また、仮想通貨の50%以上がイーサリアム(ETH)をベースに開発されており、

今後も需要は無くならないと予想されています。

 

ブロックチェーン技術に感心のある方は

イーサリアムの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

ネム(NEM)

f:id:sevendream:20190517222709p:plain

ネム(NEM)は昨年のコインチェック社の事件で

良くも悪くも日本に大きく名前が知れ渡った仮想通貨です。

 

ネムはアポスティーユという機能を搭載しており、

これはブロックチェーンを利用した公証システムのことを言います。

 

このシステムによって土地や自動車、金額明細などの改ざんを防ぐことができます。

 

ブロックチェーンはそもそもが改ざん不可能なので、

ネムと非常に相性がいいのです。

 

また、先日とんでもない高騰を見せた通貨でもあります。

f:id:sevendream:20190517223202p:plain

たった6日で約172%の上昇

 

最安値から約280%の上昇を見せました。

まだまだネム(NEM)に期待している人が多い事が分かりますね。

まとめ

f:id:sevendream:20190517223719j:plain

仮想通貨は今後も価格の上昇が見込める要素が多くあります。

 

また、仮想通貨はブロックチェーン技術の一部であり、

仮想通貨の価格=プロジェクトの価値ではありません。

 

ブロックチェーン技術が今後、世界を変えるテクノロジーになるのであれば、

ITバブルのような高騰を見せる可能性はとても高いです。

 

また、投資家や金融関係者の予想では2019年内に、

ビットコインが220万円~400万円に高騰すると予測しています。

参考:coinchoice

 

今後も仮想通貨の動向に目が離せませんね♪

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。